お灸から立ち上る煙

鍼灸で治療する際にカギとなるツボ

鍼灸師の男性

現代に伝わるツボは、東洋医学が長い歴史の中で積み上げてきた検証に基づいたもので、その数はWHO(世界保健機構)に認知されている数だけでも全身に361ヶ所あるといわれています。このツボの健康効果についてはこれまで長い間議論されてきましたが、実は科学的な根拠に基づく証明はされていません。
しかし、ツボは気の通り道「経絡」の要所であるだけでなく、各器官や臓器と結びついていることから、内臓・器官と体表部(皮膚)との連絡窓としても機能しているのです。臓器の調子が悪くなると、経絡を伝う気が乱れて、ツボに痛みやコリといった反応が出ることがあります。また反対にツボを刺激することで、気の乱れを正常化させ、さらに血行促進や自律神経などを整えることで臓器の働きを正常化させることもできるのです。
普段私たちが見ることのできるのは体表面部分だけですが、このようにコリや痛みといったツボが発信するサインによって、目に見えない経絡や内臓の不調に気づくこともできるのです。ツボの科学的根拠は解明しきれてはいませんが、ツボは自分の体と向き合う窓口として古くから親しまれてきました。自分の症状に合ったツボを把握して、体の不調を改善するようにしましょう。

慢性化したつらい肩こりには鍼を使った鍼灸治療が効果的

背中の鍼治療

鍼治療は身体の表面からでは届かない深いところにできたコリにも有効です。長い鍼を使えば直接刺激を与えることができるからです。では、実際に鍼を打つことによって、身体のなかではどのような変化が起きるの…

鍼灸治療でツボを刺激すると体の不調が取り除かれる

首のお灸

ツボ押しは体のコリや冷え性など、多くの体の不調を取り除く方法として日本人にもなじみのある治療法です。しかし、なぜツボを刺激すると体の不調が取り除かれるのかという疑問をお持ちの方はもちろんいるでし…

鍼灸で治療する際にカギとなるツボ

鍼灸師の男性

現代に伝わるツボは、東洋医学が長い歴史の中で積み上げてきた検証に基づいたもので、その数はWHO(世界保健機構)に認知されている数だけでも全身に361ヶ所あるといわれています。このツボの健康効果に…

鍼灸治療で鍼を深く刺してはいけない部位と理由

本と人形

鍼治療では折れるリスクや効果の面だけではなく、ほかにも絶対に針を深く刺してはいけないケースがあります。まず、背中や鎖骨などは針を深くまで刺してはいけない部位になっています。なぜなら、これらの部位…

POST LIST