お灸から立ち上る煙

慢性化したつらい肩こりには鍼を使った鍼灸治療が効果的

背中の鍼治療

鍼治療は身体の表面からでは届かない深いところにできたコリにも有効です。長い鍼を使えば直接刺激を与えることができるからです。では、実際に鍼を打つことによって、身体のなかではどのような変化が起きるのでしょうか?ここでは、肩こりの解消のために筋肉やツボに鍼を打ったとき、身体のなかでどのような変化が起こるのか、鍼治療の仕組みと効果について解説していきます。
鍼治療ではコリができている部分か症状に対応するツボに鍼を打ちます。ツボとは、刺激を与えると何らかの効果を得られることが長年の経験によりわかっているポイントのことです。ですから、実際に不調が感じられる場所とは離れた場所にあっても、ツボに刺激を与えると特定の箇所への血流が増えるなどの変化が起こります。鍼治療を行ったときに身体で起こる変化は、血流がよくなること、そして自律神経の働きが正常化すること、以上の2点です。血流または自律神経の働きが回復することによって、緊張して硬くなっていた筋肉がほぐれたり、内臓の働きがよくなったりします。肩こりに悩む人の多くは、鍼による治療を最終手段のように考える傾向があり、肩こりの治療で鍼を受けるときには、かなり慢性化してからになるケースがほとんどです。ですから、筋肉が硬くなった箇所だけでなく、身体の至る所にあるツボに鍼を打つことで対応します。筋肉のコリに直接鍼を打つ場合には、その箇所に微細な傷が作られるため、その傷を修復するために血液が集中するようになり、血流が回復します。ツボに鍼を打つ場合には、ツボに対応する箇所で血流が回復したり、乱れていた自律神経の働きが回復したりすることによってコリが解消されると考えられます。

慢性化したつらい肩こりには鍼を使った鍼灸治療が効果的

背中の鍼治療

鍼治療は身体の表面からでは届かない深いところにできたコリにも有効です。長い鍼を使えば直接刺激を与えることができるからです。では、実際に鍼を打つことによって、身体のなかではどのような変化が起きるの…

鍼灸治療でツボを刺激すると体の不調が取り除かれる

首のお灸

ツボ押しは体のコリや冷え性など、多くの体の不調を取り除く方法として日本人にもなじみのある治療法です。しかし、なぜツボを刺激すると体の不調が取り除かれるのかという疑問をお持ちの方はもちろんいるでし…

鍼灸で治療する際にカギとなるツボ

鍼灸師の男性

現代に伝わるツボは、東洋医学が長い歴史の中で積み上げてきた検証に基づいたもので、その数はWHO(世界保健機構)に認知されている数だけでも全身に361ヶ所あるといわれています。このツボの健康効果に…

鍼灸治療で鍼を深く刺してはいけない部位と理由

本と人形

鍼治療では折れるリスクや効果の面だけではなく、ほかにも絶対に針を深く刺してはいけないケースがあります。まず、背中や鎖骨などは針を深くまで刺してはいけない部位になっています。なぜなら、これらの部位…

POST LIST